読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんやらかんやら

うどん食いたい

引き分けとかそんなん

赤服のガンダムウォーネグザ サイドボードと60分

ちょっと前の記事。書こう書こう思ってて忘れとったから書く。

「引き分け」っていうのはかつてガンウォーの時に長いトーナメトを「負けそうだけど、ぐだらせてなんとかする」っていう意味があって、1位は難しくなるけど、◯-0-1とかの成績だと2位は狙える弱者の戦略だったわけだけど、ネグザになると「1-2の負け」と一緒になってしまった。もちろんこの措置はIDが認められてないガンウォーではかなり良いトーナメントシステムではある。

で、ネグザで「引き分け」になるのは実質負けであって、お互いが得しないシステムなのでなるべくは白黒はっきりつけた方がいい。
じゃあ引き分けないようにするにはプレイングを速くする必要性があるわけで、どうすれば良いかって話なんだけど、僕の持論を書いてみる。

1,過剰にケアしない

これってすごく判断が難しいんだけど、重要なことで例えば青黒2国立ってるからソレビケアでこっちはカウンター引くまで出撃しないとかそういう考えをしちゃダメだよっていう話。かといって何も考えずに脳筋ビートは負けるので、そこの線引は難しい。

2,環境にあるデッキを把握する

当たり前だけど、相手のプレイするカードで何となくデッキがわかるわからないじゃ考える時間が段違い。

3,自分が考えてる時間は相手も考えてる

つまり自分の考えを速くまとめれば相手の考える時間も減るわけで、相手のミスを誘える

4,PV「カードをよく読め」

http://drk2718.diarynote.jp/201108060211193316/

こんなもんかな。とにかく考える時間を減らしつつ尚且つ正確なプレイングを身につけるには経験だけど、ダラダラフリプするじゃあダメだよね。勝ちたければ何事も真剣に

で、サイドボードの話なんだけど

1,苦手なデッキ相手に強そうなカードを入れる

要は赤のデッキのサイドボードがサイドに木星圏入れるっていう話

2,特定のデッキ相手に腐るカードをまだマシなカードに入れ替え

メイン木星圏に入れてて重速デッキだと必要ないよね

3,ミラーに強いカードを入れる

ミラーはどのデッキもしんどいからな!

こんなもんかな。簡単にまとめたけど。