読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんやらかんやら

うどん食いたい

オフィシャル更新

ネグザレポート - ネグザレポート第4回 / GUNDAMWAR

さて、オフィシャルが更新されました。

主に内容はAGEの色と紫色のコスト支払いに関してと色の役割についてです。

まぁAGEが紫になったり、ダブルオーの勢力がバラバラになるのは何の問題もないでしょう。
実際00P、Fやジンクス系統は緑や黒でしたし、そう考えれば全然アリだと思います。

コストの支払いもまぁそんなもんかなーと。紫Gが完全に無駄になるわけじゃないですし。

色の役割についてですが、大きな変更点としましては、緑の「バウンス」、白の「オペ破壊」この二点ですね。
実際にやってみないとこのバランス調整はわからないでしょうね。

Q&A 424
Q 「政治的圧力(O-11)」が場にある状態で、「オーブ連合首長国(G-8)」のテキストをプレイした場合、「オーブ連合首長国」は国力を発生できますか?
A 発生できます。「政治的圧力」の効果では、未解決の効果は無効にできない為、「オーブ連合首長国」の効果で発生した国力は、影響を受けません。

(自動A):このカードが属するセットグループは、リロールフェイズの規定の効果でリロールしない。
(常時):《R》このカードは、ターン終了時まで、自軍が発生している国力と、同じ色の国力2を発生する。

OPERATION
O-156 青 1-1-0 C
(自動D):自軍カードがプレイされる毎に、自軍カード1枚をリロールできる。

(自動A):このカードは青国力Xを発生する。さらに敵軍効果では破壊されない。Xの値は、このカードの上のコインの個数+1とする。
(自軍配備フェイズ):《R》手札にあるユニットとコマンド以外のカード1枚を、表にしてから持ち主の本国の下に移す。その場合、このカードの上にコイン1個を乗せる。この効果のプレイは、Gのプレイとしても扱う。

裁定によってはものすごいアドバンテージになりうる